お問いわ合せ
サイト内検索
季刊 消防防災の科学
地域防災データ総覧
大規模地震対応の各種マニュアルの販売
HOME
消防防災GIS
災害写真データベース
e-ラーニング
一般財団法人消防防災科学センター
HOME > 防災関係資料
火災・事故防止に資する防災情報データベースについて

総務省消防庁特殊災害室

1 最近の危険物施設等に関する事故の状況

 危険物施設の火災・流出事故件数は、昭和50年代中頃から緩やかな減少傾向を示していましたが、平成6年(1994年)を境に増加傾向を示しています。平成20年中に発生した火災・流出事故件数は、火災が176件(岩手県沿岸北部を震源とする地震による事故件数を除く。)、流出が384件(岩手・宮城内陸地震及び岩手県沿岸北部を震源とする地震による事故件数を除く。)で合計560件となっています(図1)。

図1 危険物施設における火災・流出事故件数の推移

 また、平成20年中に石油コンビナート等特別防災区域の特定事業所で発生した災害の件数は208件となっており、平成17年以前と比較すると高い水準となっています(図2)。

図2 石油コンビナート事故発生件数(種別ごと)の推移

 さらに、平成19年7月に発生した新潟県中越沖地震において、柏崎刈羽原子力発電所の変圧器火災が発生し、消火までおよそ2時間を要したところですが、柏崎刈羽原子力発電所では、新潟県中越沖地震以降平成21年12月までに11件の火災が発生しています。これらの火災は原子力の安全には影響を及ぼすものではなかったものの、火災が頻発したことにより、周辺住民の方々をはじめ、社会に大きな不安を与えることとなりました。

2 火災・事故防止に資する防災情報データベースについて

(1)データベースの概要
 このように危険物等による事故が多発している状況にかんがみ、消防庁では、危険物・化学関係業界団体等と連携し、火災や事故の防止に努めているところですが、事業所における事故防止及び被害拡大防止に資する方策として、関係業界団体、(財)消防科学総合センターと連携し、消防防災博物館のホームページ(運営:(財)消防科学総合センター)上において、1月13日から「火災・事故防止に資する防災情報データベース」を、公開することとなりました。
 本データベースは、危険物、化学関係事業所等において発生した火災、漏えいなどの事故等について、その事象の概要や再発防止対策をまとめ、データベースとして広く公開するものであり、事業所等における事故防止及び被害拡大抑止に役立てていただく予定です。

(2)趣 旨
 本データベースは、危険物、化学関係事業所等において発生した火災や事故の事例について、その事象の概要や再発防止対策をまとめ、データベースとして無償で広く公開することにより、事業所等における事故防止及び被害拡大抑止に役立てていただこうとするものです。

(3)アドレス
 http://www.bousaihaku.com/cgi-bin/bousaiinfo/index.cgi
 ※消防防災博物館(http://www.bousaihaku.com/)のトップページから、「調べる」のタグをクリックすれば、左下に「火災・事故防止に資する防災情報データベース」が表示されるため、これをクリックしても本データベースが表示されます。

図3 火災・事故防止に資する防災情報データベース画面

(4)情報の種類
 危険物、化学関係事業所等において発生した火災、爆発、漏えいなどの事例を対象としています。
 なお、今後も引き続き、各業界団体等の協力を得て、広く情報発信することが有益である火災・事故等の防止に資する情報について、事例を充実させていく予定です。

(5)特 長
各事例について、3つの項目(「事象概要」、「原因」、「再発防止対策」)を、1枚のシートに簡潔にまとめています。
データベースは、参考写真(絵図)を活用して、分かりやすいものとしています。
作業内容(溶接・溶断など)に着目したものを中心に、各業界団体の枠を超えて参考になる事例の提供を受け、公開しています。

図4 登録されている事故情報の例

3 おわりに

 危険物・化学関係事業所の業態は様々ですが、事故の状況を調べると、作業時の不十分な静電気対策、開閉弁の閉め忘れ、点検不十分、作業の監視不足、火気作業時の養生の不足など類似の要因に起因するものも多くみられます。本データベースは、同種の事故防止に資する火災等の事例を各業界の垣根を越えて、データベース化したものであり、事業所における教育に活用できるよう、事案の概要、原因、再発防止対策を1枚に簡潔にまとめています。本データベースを事業所等における事故防止及び被害拡大抑止に活用いただければ幸いです。



NO.99 (2010.冬号)
巻頭随想 死をめぐって・・・病院外心停止と救急のニーズ
1.新型インフルエンザ(パンデミックH1N1 2009)の現状
2.新型インフルエンザとは何か
3.消防機関における新型インフルエンザ対策
4.報道の立場から見た新型(豚)インフルエンザ騒動
5.茨城県における新型インフルエンザへの対応
6.新型インフルエンザに対する救急活動の取り組み
7.新型インフルエンザに対する京都府の取り組み
8.神戸市における新型インフルエンザの対策ーこれまでの対応を振り返った今後の対策ー
防犯まちづくりから消防への示唆
火災・事故防止に資する防災情報データベースについて
連載講座 連載第6回 つらい仕事もチームで楽しくー木下藤吉郎ー
地域防災実戦ノウハウ(62)
火災原因調査シリーズ(55)・倉庫火災
ホームへ戻るこのページの上へ
Copyright © INSTITUTE OF SCIENTIFIC APPROACHES FOR FIRE & DISASTER All Rights Reserved.