お問いわ合せ
サイト内検索
地域防災計画・防災マニュアル
消防力の適正配置
石油コンビナート防災アセスメント
消防統計データの処理
防災図上訓練
消防防災GIS
多助(たすけ)
地域防災力向上のための人材養成研修
消防防災に関する自主調査
HOME
消防防災GIS
多助(たすけ)
災害写真データベース
e-ラーニング
一般財団法人消防防災科学センター
HOME > 消防防災(調査研究)
防災図上訓練業務の受託
 東日本大震災の発生から4年が経過し、阪神・淡路大震災からも20年の節目を迎えました。この間、防災・減災のためのさまざまな取組みが考案され、全国各地で実践されているところです。
 特に、防災図上訓練については、その必要性が強く認識され、図上シミュレーション訓練、災害図上訓練DIG、避難所運営ゲームHUGなどが生まれてきました。今後、多くの方々がこうした防災図上訓練に参加し、防災・減災に関する知識や技能を身に付けていくことが期待されます。
 当センターは、消防庁からの受託研究をはじめ、これまで防災図上訓練に関してさまざまな角度から調査研究に取り組んで参りました。また、市町村防災研修事業の一環として、数多くの防災図上訓練を実施してきました。こうした実績を踏まえて、地方公共団体や企業(事業所)の行う防災図上訓練の委託を受け、丁寧にサポートします。

『地方公共団体の地震防災訓練(図上型訓練)実施要領のあり方に関する調査研究報告書(平成19年度)』(平成20年3月)
『地方公共団体の風水害図上型防災訓練実施要領のあり方に関する調査研究報告書(平成22年度)』(平成23年3月)

ホームへ戻るこのページの上へ
Copyright © INSTITUTE OF SCIENTIFIC APPROACHES FOR FIRE & DISASTER All Rights Reserved.