お問いわ合せ
サイト内検索
地域防災計画・防災マニュアル
消防力の適正配置
石油コンビナート防災アセスメント
消防統計データの処理
防災図上訓練
消防防災GIS
多助(たすけ)
地域防災力向上のための人材養成研修
消防防災に関する自主調査
HOME
消防防災GIS
多助(たすけ)
災害写真データベース
e-ラーニング
一般財団法人消防防災科学センター
HOME > 消防防災(調査研究)
スマートフォンを活用した「災害応急活動支援システム(多助 たすけ)」
「多助」は
 災害時に、多くの人が助っ人となり、迅速かつ的確に現場に駆けつけ、多くの人の生命・財産を助けます
(1)スマートフォンを活用した災害応急活動支援システム「多助」は、防災・消防専門部局の情報伝達の多重化・双方向化を実現し、災害時の応急活動の迅速性・的確性を強化するために開発されたシステムです。
(2)同時に「多助」は、その機能を生かし、一般行政の中で異常を察知・連絡することが可能であり、日常的な危機管理システムとしても活用できます。
(3)「多助」では、活動する各自が所持しているスマートフォンを使うことから、特別な準備をすることなく利用できます。

※ 平成30年3月までは無料で利用できます。

1 「多助」システムの概要
 ・「多助」のパンフレットを見たい
 ・「多助」の詳細を知りたい
   主な内容
   ・「多助」導入事例「消防の動き 平成27年12月号」
   ・「多助」実用化についての検討委員会報告書

2 「多助」の疑問についてのQ&A
3 「多助」についての問い合わせ
4 「多助」活用に係る各種書類のダウンロード
5 「多助」の紹介映像
6 「多助」ニュース
7 「多助」ニュースバックナンバー
ホームへ戻るこのページの上へ
Copyright © INSTITUTE OF SCIENTIFIC APPROACHES FOR FIRE & DISASTER All Rights Reserved.