お問いわ合せ
サイト内検索
地域防災計画・防災マニュアル
消防力の適正配置
石油コンビナート防災アセスメント
消防統計データの処理
防災図上訓練
消防防災GIS
多助(たすけ)
地域防災力向上のための人材養成研修
消防防災に関する自主調査
HOME
消防防災GIS
災害写真データベース
e-ラーニング
一般財団法人消防防災科学センター
HOME > 消防防災(調査研究)
スマートフォンを活用した「災害応急活動支援システム(多助 たすけ)」

災害応急活動支援システム「多助」に係るソフトウェアの提供について
 災害応急活動支援システム「多助」(以下「多助」という。)につきましては、これまで当センターが運用して参りましたが、平成30年4月1日からは、市町村又は消防本部が単独又は共同して運用される場合に「多助」のソフトウェアを提供することにいたします。この場合、ソフトウェア使用許諾契約を締結していただき、無償で提供します。
 「多助」をご利用いただくには、次に掲げるサーバ等のハードウェアの整備やドメイン取得等の手続き、ソフトウェアのインストール作業等が必要となります。
 なお、これらの設備等は、自ら保有して運用するオンプレミス形式のみならず、レンタル等の方法で調達し運用する方法や業者に委託する等の方法であっても、市町村又は消防本部が運用主体となる限り、差し支えありません。


1運用に必要な資機材と仕様
(1)サーバ等
  ↓◆↓の仕様は、利用するスマートフォン等の端末台数を1,000台と想定した場合です。端末台数がこれ以外の場合は、問い合わせください。
アプリケーションサーバ(HPE DL120 Gen9 E5 v4 8SFF SASモデル相当)(注1)
CPU:インテルXeonプロセッサー E5-2603 v4 1.70GHz相当
メモリ:8GB以上
HDD:RAID5で実容量300GB以上(注2)
光学ドライブ:9.5mm SATA DVD-ROM
データベースサーバ(HPE DL120 Gen9 E5 v4 8SFF SASモデル相当)(注1)
CPU:インテルXeonプロセッサー E5-2603 v4 1.70GHz相当
メモリ:8GB以上
HDD:RAID5で実容量300GB以上(注2)
光学ドライブ:9.5mm SATA DVD-ROM
Proxyサーバ(HPE DL120 Gen9 E5 v4 8SFF SASモデル相当)(注1)
CPU:インテルXeonプロセッサー E5-2603 v4 1.70GHz相当
メモリ:8GB以上
HDD:RAID5で実容量300GB以上(注2)
光学ドライブ:9.5mm SATA DVD-ROM
WindowsPC(本部PCで利用、Android系スマートフォンアプリケーションソフトウェア(以下「アプリ1」という。)の構築、サーバドメイン書換えとインストール用パソコン。)
CPU:インテルCeleronJ1800デュアルコアプロセッサー2.41GHz相当
メモリ:4GB以上
HDD:128GB以上
ディスプレイ:1280×800相当の解像度
LAN:10Mbps(10BASE-T)以上
USB:A端子対応コネクター1個以上
OS:Windows7(64Bit)以上
Web検索ソフト:Internet Explorer Ver.11
Apple社製MacPC(iOS系スマートフォンアプリケーションソフトウェア(以下「アプリ2」という。)の構築、サーバドメイン書換えとインストール用パソコン。)
CPU:インテルCore i5デュアルコア1.8GHz相当
メモリ:4GB以上
HDD:128GB以上
ディスプレイ:13型LEDバックライトワイドスクリーン相当
LAN:10Mbps(10BASE-T)以上
USB:A端子対応コネクター1個以上
OS:開発ターゲットのiosバージョンとXcodeバージョンよりMacOSを選択
緊急信号表示器(注3)
パトライト社製NHS-xFB1相当
インターネット回線
通信速度:1Gbps以上

(2)スマートフォン等の端末
スマートフォン
次のOSを搭載しているスマートフォンでの利用が可能です。
Android系スマートフォンは、Android4.4〜6
iPhone系スマートフォンは、ios8.2〜11
フィーチャーフォン
次の要件を満たすことが必要です。
メールアドレスの登録、多助ドメインからのメール受信許可設定とインターネット接続の契約

(注1)端末台数が100台以下の場合は、アプリケーションサーバ、データベースサーバ、Proxyサーバを1台のサーバで運用することは可能です。
(注2)HDD容量は、1000名の登録者に4日に1回の活動要請、1回あたり750人程度が参加、活動の時間は120分、配信メッセージは20件、撮影画像は合計50枚集まることで計算した容量で3ヵ年程度の保存、活動中のログ情報は28日間の保存が可能です。
(注3)「緊急時にスマートフォン登録者による本部呼出し」機能を利用する場合のみ必要となります。

2運用に必要な汎用ソフトウェア
サーバ用ソフトウェア
ア)サーバOS
Red Hat Enterprise Linux(RHT6.5)またはCentOS6.5を推奨
イ)Proxyサーバ及びアプリサーバ用ミドルウェア
apache(Ver 2.2.15相当品)
clamav(最新Ver)
clamd(最新Ver)
Java(Ver 1.6.0及び1.7.0相当品)
Tomcat(Ver 6.0.24相当品)
ウ)DBサーバ用ミドルウェア
PostgreSQL(Ver9.6相当品)
PgPool-(Ver3.5相当品)
WindowsPC用ソフトウェア
Eclipse(Ver4.5以上):サーバアプリ開発用
AndroidStudio(Ver3.0.1以上の最新版を推奨):アプリ1構築用
MacPC用ソフトウェア
Xcode((1)ス爐鮖仮):アプリ2構築用
Speex(MacPCに同梱バージョンを使用):アプリ2構築用
AndroidStudio(Ver3.0.1以上の最新版を推奨):アプリ1構築用(WindowsPCにて構築の場合は不要)


3運用開始に必要な手続き
サーバドメインの取得
サーバのSSL認証取得
Apple社と開発メンバーシップの登録に際し、証明書取得、デバイス登録
Google社とGoogle Playデベロッパーコンソールアカウントの登録に際し、プロジェクト登録、APIキー(証明書)取得
ゼンリンデータコム社と地図データ配信サービス「いつもNAVI API3.0」の契約

4ソフトウェアのインストール作業等
「多助」ソフトウェアにサーバドメイン名等を書き込む。
サーバ用アプリケーションソフトウェア
スマートフォン用ソフトウェア
本部PC通信制御用アプリケーションソフトウェア(以下「通話アプリ」という。)(注3)
サーバ装置にサーバ用汎用ソフトウェアとアプリケーションソフトウェアをインストールする。
スマートフォンには、WindowsPC又はMacPCを使用してアプリ1及びアプリ2をインストールする。
Android系スマートフォンへのインストールは、WindowsPCとスマートフォンをUSB接続して行う。
iOS系スマートフォンへのインストールは、インストール予定台数が100台を境にApple社との契約を次のどちらかで行い、インストールをする。
 100台未満の場合は、Developer契約を行い、MacPCを使用してUSB接続してインストールする。
 100台以上の場合は、Developer Enterprise契約を行い、団体内のセキュアなサーバにアプリをアップし、指定URLからのダウンロードでインストールする。
WindowsPCに通話アプリをインストール(注3)する。

5「多助」利用規約の作成
 「多助」を利用される場合には、利用規約を作成することをお勧めします。
なお、センターが使用した「多助」利用規約を参考に掲載しています。

6基本的なシステム構成
 「多助」の基本的なシステム構成は、次図のとおりです。
商標または登録商標について
 「多助」は、(一財)消防防災科学センターの登録商標です。
本サイトに掲載されている商品またはサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です。
ホームへ戻るこのページの上へ
Copyright © INSTITUTE OF SCIENTIFIC APPROACHES FOR FIRE & DISASTER All Rights Reserved.