「多助」の機能について

「多助」は、次の7つの機能を持っています。

※消防防災GISは、当センターが地方自治体及び消防機関に無償で配布しているGISアプリケーションプログラムです。

以下にそれぞれの機能の概要について紹介いたします。

1 発災直後又は警戒初動時の活動要請・回答把握

活動要請の発信を本部用のWindowsPC又はタブレット(以下「本部PC等」という。)のほか特定のスマートフォンからも行うことができます。また、活動要請を発信後、本部PC等では、登録したスマートフォン又はフィーチャーフォンからの回答内容を把握できます。

2 スマートフォン登録者へメッセージ配信

活動中のスマートフォン登録者に、活動指示や連絡を通常メッセージ又は緊急メッセージとして一斉配信できます。活動中のスマートフォンでは、配信されたメッセージを直近の100件まで閲覧できます。
また、活動中でない時は「お知らせ」としてメッセージの一斉配信ができます。

3 スマートフォン登録者から被災状況の画像報告

活動中のスマートフォン登録者が被災個所等を撮影し、コメントを付けて報告すると、その情報を本部PC等で確認できます。

4 スマートフォン登録者の活動位置の把握

活動中のスマートフォン登録者の位置情報は、10分周期で本部PC等及びスマートフォンの地図上に表示されます。

5 スマートフォン登録者から緊急時の本部呼び出し

活動中のスマートフォン登録者は、緊急の場合にWindowsPC※を介して、本部と音声通話ができます。(※タブレットは不可)

6 スマートフォン登録者同士の音声通話

同一グループのスマートフォン登録者同士は、無線機と同じように音声通話ができます。

7 消防防災GISとの連携

「多助」で収集した画像は、消防防災GISの地図上に表示できます。